- 逆浸透膜浄水器や飲料水について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道水質基準について

人間の体の、約60%は水で出来ています。

新生児の場合は、更に高く、
約80%が水と言う事になるようです。

人間や生物にとって、水は、本当に大切なものなのですね。

私達が、利用している水道水には、
勿論、水道法の水質基準値以下ではありますが
トリハロメタンやトリクロロエチレン等の有害物質、
残留塩素などの成分が含まれている事があります。


トリハロメタンは、浄水場での塩素剤添加後に発生し、
大量摂取すると、肝臓障害、中枢機能低下
腎臓障害などを起こします。

また、催奇形性、発ガン性もあり、疲労感や痴呆、無気力の
原因にもなるとも言われています。

水道水の中には、細菌がいますので、塩素を入れて、
それらを死滅させると言う処理は、施さなければなりません。

その量を減らす為には、やはり水源をきれいにして
細菌の量を減らす。

それしかないのかも知れません。

水を汚さない工夫を、日頃から心がけたいものです。


水道水質基準について


水道法第4条に基づく水質基準は、水質基準に関する省令
(平成15年5月30日厚生労働省令第101号)により、
定められています。

水道水は、水質基準に適合するものでなければならず、
水道法により、水道事業体等に検査の義務が課されています。

水質基準以外にも、水質管理上留意すべき項目を
水質管理目標設定項目、毒性評価が定まらない物質や、
水道水中での検出実態が明らかでない項目を要検討項目
と位置づけ、必要な情報・知見の収集に努めています。

水道事業者は、水質基準項目等の検査について、
水質検査計画を策定し、需要者に情報提供することと
なっています。

厚生労働省ホームページ参照
アルバイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。